PhysifApps

趣味と開発メモ保管庫

【自作ゲーム進捗】突発的にVRできるようにしてみました

今回のメインはステアアシストの計算式の調整で、ついで(?)で突発的にVR実装してみました。

VR実装

それに加えて、2時間ほど時間あったので突発的にVRを出来るようにしました。

使用したアセットはこちら。

assetstore.unity.com

自分のUnityのバージョンが2018.2.21と対応ぎりぎり入ってたのでこちらを使ってます。2018.3以上は確かgithubから入れるんだったかな。

結構な突発的な実装だったので、ちゃんと実装する時には

  • エディタ上で画面をフルに表示出来るようにする
  • ちょくちょく負荷からか硬直が入ってしまうのでパフォーマンスの改善を優先的に行う

ことにはなりそうです。

カウンターステアアシスト

今回でステアアシストからカウンターステアアシストに名前を変えての調整を行ってます。

今まではアシストのかかり具合を少しざっくり目に設定できるようにしていたのですが、もう少し細かめに設定できるようにしました。

また、アシストのかけ具合を調整してちょうどいいかかり方をするように組み方を変更しました。

カウンター大きく当てなくてもいいような操作がより容易にできるようになったので、初心者も比較的プレイしやすいようになりました。

今後

今後は調整系のタスクがまだ残ってはいるので、そこらの調整と、T150プレイ時の入力問題があるので(T300やT500でも発生する?)、その辺の調査をしつつの開発になっていくかなーと思います。

…にしても忙しくて個人開発にかけられる時間が少ない、、